仮の彼女になってあげるレンタル彼女

レンタル彼女には、他のバイトにはない良さがあります

最近、テレビなどでレンタル彼女、というアルバイトが特集されているのを見た人もいるかもしれません。だんだんメディアの露出も増えてきているサービスです。
名前の通り、その企業にバイトのように参加している女の子が、申し込みをした男性の彼女としてレンタルされるものです。

こう聞くと、いわゆるアダルトな、風俗のサービスに聞こえるかもしれませんが、まったく違います。
男性と女の子は個室やドライブといった、プライベート空間には入れないルールがある、と聞けばまるで違うことがわかるでしょう。手をつなぐことはかまいませんが、それ以上のスキンシップに関しては、レンタル彼女の範囲をこえてしまうというくらいですので、アダルトなサービスを嫌っている女の子がやることもそれほど問題無いでしょう。ただ、18歳未満はやれないサービスですが。
そしておおよそ、女性側の、1時間あたりの取り分としては2500円程度ということが多いので、時給2500円の仕事となれば、塾講師のかなり熟練したレベルの給料ですからお得さがわかるでしょう。

ただ、デートをするということは、男性側がどのようなデートを選ぶか気になる人もいるはずです。プライベート空間がないとしても、食事をするとなったら、そこの料金はどうするのかということです。時給2500円でもワリカンだったら損をするのではないかという心配です。
しかしそれはまったく心配いりません。
レンタル彼女でのデート中は、食事代、入館料など、デートの場所にかかるお金はすべて男性が払う決まりですので、出費の心配はないのです。
心配をするとしたら、気合を入れて高いディナーへ誘ってくれた男性客に対しては、他のお客さんでもそうですが、きちんと、損をしたと思われないような対応をしてあげる準備はしたほうがいいでしょう。もちろん、エッチなサービスなどは不要ですが。

レンタル彼女と、本当の彼女を同一視する男性客が心配、という人もいるかもしれませんが、案外少数派だという評判です。もちろん長くレンタル彼女をやっていれば、リピーターになる男性もいるでしょうし、それが本気になることも考えられますが、彼女を探すというよりも、彼女とデートをする感覚を体験する、というつもりの人が多いわけです。金額だけでいえば、風俗を利用することもできる金額ですから、ストーカー化するような人は少ないでしょう。
そしてもしそうなっても、ストーカーを放置して殺人事件になったり、というのを問題視する社会問題も大きく、警察にも相談しやすくなっています。お店、警察と相談相手はいますし、過度に期待させるような接し方をしなければ安全でしょう。

東京:◯◯な彼女研究所

大阪:1DayGirl’s